NFT

簡単!Plug(プラグ)ウォレットのインストール方法 (ICPの専用ウォレット)

Plug(プラグ)ウォレットのインストール方法

Plug(プラグ)ウォレットのインストール方法を知りたいですか?

Plug(プラグ)ウォレットはWeb3.0銘柄として注目されている暗号資産「ICP」の専用ウォレットです。

ICPで発行されているNFTを購入したい時やDmailアドレスを取得したい時に利用します。

本記事ではChromeの拡張機能であるPlug(プラグ)ウォレットのインストール方法を解説していきます。

簡単!Plug(プラグ)ウォレットのインストール方法 (ICPの専用ウォレット)

まずはPlug(プラグ)ウォレットをインストールしていきましょう。

手順は3ステップ

  1. Plug(プラグ)をChromeにインストール
  2. パスワードの設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認と保管

MetaMaskのインストールと流れは一緒です。

Plug(プラグ)をChromeにインストール

まずはPlug(プラグ)の公式サイトをひらきましょう。

TOP画面の「Download」をクリック。

自分が使用しているブラウザをクリック。

今回はChromeでインストールします。

Chromeの拡張機能ページに移動するので「Chromeに追加」をクリック。

「拡張機能を追加」をクリック。

「Plug」がChromeに追加されました。となればOKです。

パスワードの設定

続けてPlugのパスワードを設定していきましょう。

画面右上の拡張機能のアイコンから「Plug」を選択。

「Create Wallet」をクリック。

ちなみに「Import Wallet」の方は異なるデバイス等でPlugを接続する時に利用します。

お好きなパスワードを12文字以上で入力してください。

「Confirm Password」は確認用なので同じパスワードを入力してください。

入力できたら「I made a secure password」をクリック。

シークレットリカバリーフレーズの確認と保管

パスワードを入力すると「シークレットリカバリーフレーズ」の確認の画面になるので、

「Reveal Secret Recovery Phrase」と表示されている部分をクリックしましょう。

クリックすると「シークレットリカバリーフレーズ」が表示されるので大切に保管しましょう。

チェックボックスにチェックをいれて「Continue」をクリック。

「シークレットリカバリーフレーズ」は誰にも教えてはいけません。

「シークレットリカバリーフレーズ」の扱いには十分に気をつける必要があります。

基本的に「シークレットリカバリーフレーズ」は誰にも教えてはいけません。

シークレットリカバリーフレーズは変更不可でフレーズが漏れると誰でも簡単にPlugを開くことができます。

つまり、中ある通貨を簡単に取り出せてしまいます。

「シークレットリカバリーフレーズ」は誰にも教えないように知られないように大切に管理する必要があります。

謎のダンス画像が出ればPlugウォレットの作成完了です。

Plug(プラグ)ウォレットの設定

Plug(プラグ)はアカウント詳細からアカウント名を変更できるので設定していきましょう。

これは任意なのでお好みでOKです。

画面右上の拡張機能のアイコンから「Plug」を選択、パスワードを入力しひらきましょう。

「Plug」をひらいたら右上のアイコンをクリック。

「Account 1」のえんぴつマークをクリック。

もう一度えんぴつマークをクリックすると編集できるのでお好きなアカウント名を入力してください。

チェックをクリックすると確定いたします。

これでアカウント名を変更完了。

関連記事>>NFTの危険性とは?知らないと危ない?! NFT詐欺の事例と4つの対策

-NFT